フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの甘噛みのしつけ

 

仔犬の時は、兄妹犬や母犬と遊びながら、やって良いこと悪いことを自然と覚えていきます。

 

最初は遊んでいるつもりでも、興奮して噛んでしまう事もあります。

 

この時、兄妹犬なら怒って噛みつき返したり、母犬なら押さえつけたりして噛むと痛いんだという事を教えていきます。

 

しかし、仔犬はこういう事を知らないまま飼い主さんのところにやってきますので、飼い主さんが兄妹犬や母犬の代わりになって、噛んではいけないという事を教えてあげる必要があるのです。

 

仔犬の時には、甘えて手を舐めていてもエスカレートして甘噛みになってしまったり、遊んでいるうちに楽しくてつい興奮して本気で噛んだりします。

 

この時、すかさず「痛い」とか「イケナイ」と少し大きな声を出してみて下さい。

 

大抵の場合は、びっくりして噛むのを止めます。

 

噛むと嫌なことがあると学習すれば、甘噛みのうちに人を噛むことが行けないことなのだと学習します。

 

大きな声を出してもひるまない場合には、仔犬を仰向けに寝かせて、動けないように押さえつけ、犬の目を見ながら「イケナイ!」と言います。

 

これは母犬がするのと同じ行動なのですが、こうすることで噛んだら嫌なことがあると学習していきます。

 

遊ぶ時には、手をなめさせるのではなく、おもちゃなどを与えてみましょう。

 

自然と手を噛んだりしなくなるはずです。

 

「噛む=嫌なことがある」と理解できれば、甘噛みも自然としなくなっていきます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!