フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの留守番のしつけ

 

フレンチ・ブルドッグは、とても人なつっこく甘えん坊な一面があるので、お留守番の時に一人ぼっちになることに対して、とても不安になると言われています。

 

不安からストレスを感じて、留守にしている間中、吠え続けたり、物を噛んでしまう事があります。

 

お留守番をさせる時には、自分の居場所であるサークルの中が良いでしょう。

 

できれば、いきなり1日中一人にするのではなく、最初は5分や10分くらいの短い時間で練習をしてみて下さい。

 

飼い主さんは、出かける支度をしている時でも、「行ってくるね〜、お利口にしててね〜」と声をかけたりせず、自然に出かけてみて下さい。

 

最初は隣の部屋に行くだけでもいいでしょう。

 

少しずつ一人でいることに慣れさせていくのが、お留守番のしつけを上手に行うポイントです。

 

声をかけてしまうと、「これから一人ぼっちになる!」と不安を増長させてしまう事になるので、あくまでも自然に出かけて下さい。

 

留守の間、飽きないようにおもちゃやガムを置いておくのもいいですね。

 

部屋に戻った時、犬は飼い主さんの顔を見て嬉しくなり、吠えたり飛びついたりしようとします。

 

この時、「ごめんね〜ただいま〜」など声をかけてしまうと、帰宅する度に大騒ぎをするようになるので、犬が吠えても騒いでも無視して、大人しくなったらサークルから出してあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!