フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグのトイレのしつけ

 

トイレのしつけで重要になるのは、失敗しても叱らないという事です。

 

これはフレンチ・ブルドッグに限らず、全ての犬種に言えることかも知れません。

 

何でもそうですが、いくら賢いと言われている犬種でも、しつけをしないままでは何もできませんし、賢さも生かすことができません。

 

飼い主さんが導いてあげて、初めて理解して覚えていくのです。

 

しつけは犬と一緒に飼い主さんも勉強するつもりで取り組むと良いでしょう。

 

まずトイレのしつけの場合には、ある程度ペットシーツの上でするという事を習慣づけていきましょう。

 

サークルの中にハウスを置くと思いますが、同じスペースの中に仕切りを付けて、トイレも作ってあげましょう。

 

仔犬の時は寝起きと食後にトイレをしますので、タイミングを見てペットシーツの上に移動させます。

 

最初は飼い主さんが抱っこしてもいいですし、誘導してあげましょう。

 

シーツの上でトイレができたら、その時はすぐに褒めてあげます。

 

これを繰り返すことによって、排泄はペットシーツの上でする習慣が付きます。

 

こうなれば、トイレを移動させる事になった場合でも、スムーズにトイレができるでしょう。

 

ただし、あまりコロコロとトイレの場所を変えるのは良くありませんので、あまり離れた場所ではなく近い場所にしましょう。

 

トイレを失敗する度に叱っていると、排泄自体を悪いことと思い込み、隠れてするようになってしまいます。

 

失敗した時には叱らず無言で後片付けをし、出来た時には思いきり褒めてあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!