フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

「オスワリ」・「マテ」・「ヨシ」のしつけをする方法

 

しつけの基本は、「オスワリ」・「マテ」・「ヨシ」の3つで十分です。

 

実際に私もこの3つのしつけしかしていませんが、特に問題なく生活出来ています。

 

オテ、オカワリ、フセなどのしつけは、基礎が出来ていれば後からでもできますので、まずはこの3つを教えていきましょう。

 

どういう時にしつけたらいいのかについてですが、一番わかりやすいのは、食事の時間を利用することだと思います。

 

最初からすぐに上手くはいきませんので、最初は食事をあげる時に、少し高い位置で待ちましょう。

 

犬は上を見上げる姿勢になるので、自然とお座りをします。

 

この時、タイミング良く「オスワリ」と声をかけます。

 

食事を食べさせる前に、軽く手をかざしたり、体を押さえて「マテ」と言います。

 

最初は数秒間でも、制止できたらOKです。

 

すぐに「ヨシ」と言って食べさせてあげましょう。

 

これを少しずつ時間を長くしながら、繰り返していくうちに自然と覚えるようになるので、あまりしつけている!と意気込まなくてもできるようになるはずです。

 

どうしても上手くいかない場合は、少しだけ強めの口調でコマンドを出してみて下さい。

 

決して大声で叱るわけではないので、間違えないようにして下さいね。

 

「オスワリ」・「マテ」・「ヨシ」ができたら、すぐに褒めてあげます。

 

おもちゃや、おやつの時間を利用してもいいでしょう。

 

犬によって性格、物覚えには個体差があります。

 

すぐにできなくても、時間をかけて焦らずゆっくり根気よく暖かい目で見守ってあげて下さいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!