フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

褒めるタイミングと叱るタイミング

 

褒める時も、叱る時も、タイミングが重要になります。

 

褒める時も、叱る時も「その場ですぐに!」が大切です。

 

例えば、犬が飼い主さんが目を離した隙に、スリッパを噛んでボロボロにしてしまったとしましょう。

 

だいぶ時間が経ってから気づいた時、飼い主さんは犬がやったこととわかりますが、犬はそのことを忘れてしまっています。

 

ハウスでお利口にしていたのに、その時飼い主さんに叱られたら、飼い主さんはスリッパを噛んだことに対し叱っていても、犬はハウスにいたことを叱られたと思いこんでしまうのです。

 

褒める時もこれと同じです。

 

トイレが上手に出来たことを褒めようとした時、直前にティッシュペーパーを箱から出して遊んでいたとしましょう。

 

飼い主さんは、トイレが上手に出来たことを褒めていても、犬はティッシュの箱からティッシュを取り出して遊んでいたことを褒められたと勘違いしてしまいます。

 

褒める時も、叱る時も、その場ですぐにするという事を覚えておきましょう。

 

犬は直前に自分がしたことに対して褒められた、叱られたというように理解します。

 

ある程度しつけが出来て来ると、いたずらをした時などは、自分でもそれがわかっているので、なんとなく気まずい表情をします。

 

叱られるのがわかっているのでしょうね(笑)

 

しっかりとしつけができるまでは、褒める時もその場ですぐに褒めるようにします。

 

いたずらをした時には、現行犯で叱るようにしましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!