フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

しつけは仔犬を飼ってからすぐに始める

 

仔犬だから可哀そうと思って、しつけを後回しにしてはいけません。

 

家族に迎え入れたその日からしつけが始まっていると思っておきましょう。

 

最初のしつけは何かを教えていくのではなく、犬のために用意したサークルの中にベッドを置き、「ココがあなたの居場所なのよ」という事を覚えさせます。

 

仔犬は環境の変化にすぐに順応できないので、ちょっとしたことでも、ストレスを感じたり、体調を崩してしまう事があります。

 

仔犬が家に着いたら、まずサークルの中に入れゆっくりと休ませてあげましょう。

 

ハウスで寝ることを覚えさせるのも、しつけの第一歩という事になります。

 

フレンチ・ブルドッグは、とても人なつっこくで甘えん坊なところがあるので、飼い主さんと遊びたがって甘えるかもしれませんが、最初の数日間はサークルの中で静かに過ごさせます。

 

これもしつけの一環です。

 

しつけというのは、マテやオスワリなどを教えるだけではありません。

 

毎日の生活の中で、自然と身について行くようにするしつけもあるのです。

 

最初はサークルの中に仕切りをつけてトイレトレーを設置すると、トイレのしつけもしやすいと思います。

 

仔犬は寝起きと食後にトイレをすることが多いので、ハウスの近くにトイレトレーやペットシーツを置き、その上でするように誘導してあげましょう。

 

ペットシーツの上で上手にトイレができたら、大げさに褒めてあげます。

 

このくらいのしつけなら、仔犬が来た初日からでもすぐにスタートできますので、少しずつ始めていきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!