フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

アイコンタクトとコマンドを使ってしつける

 

犬のしつけの時、大切なのはアイコンタクトとコマンドだと言われています。

 

それから、できたら褒めることをしていけば大抵の場合、上手くいくはずです。

 

犬をしつける時には、犬と視線を合わせ、視線が合った時にタイミングよくコマンドを出します。

 

必要以上に色々な言葉を発するのではなく、コマンドだけにしましょう。

 

あれこれ言ってしまうと、犬はどれがコマンドだかわからなくなってしまいます。

 

マテ、オスワリ、フセなど全て短くわかりやすいコマンドを出すようにしましょう。

 

「○○ちゃん座ってごらん、○○ちゃんマテですよ〜マテマテ」といったようなコマンドの出し方は、なんとなくよくありがちな風景のように感じませんか?

 

ついついたくさん話しかけてしまいたくなる気持ちもわかりますが、しつけの時にはアイコンタクトを取り、わかりやすいコマンドを出すのが一番効果的です。

 

犬だって色々言われるよりも、コマンドだけを聞けば、そのうち理解できるようになってきます。

 

犬にも性格に個体差がありますので、出来るようになるまでにはかかる時間もバラバラです。

 

すぐに出来ないからといって、ダメな犬と決めつけないで下さい。

 

しつける時には、何よりも愛情を持って接することが大切です。

 

・アイコンタクト
・コマンド
・褒める

 

このシンプルな動作でもしつけはできますし、自然と飼い主さんと犬の間に信頼関係も築くことができます。

 

犬をしつけつ時は、アイコンタクトとコマンドを上手に使ってみてください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!