フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

しつけにおやつは不要

 

犬のしつけをする時に、ご褒美におやつを使う人いますが、これはあまりオススメできません。

 

理由はいくつかありますが、一番の原因はおやつ欲しさに言う事を聞くだけになってしまうからです。

 

おやつがあるうちはいいのですが、おやつがなくなった時に、果たしてそれまで通り言う事を聞くかどうか?といったら疑問が残るでしょう。

 

いわゆるエサで釣っても本当の意味でのしつけにはならないと思うからです。

 

また、どんなおやつをご褒美に使うかによっても違いますが、ジャーキーなどカロリーの高いものをご褒美にしてしまうと、肥満の原因にもなりかねません。

 

フレンチ・ブルドッグは太りやすいので、しつけにおやつは不要と思っておくのが良いでしょう。

 

最初はどうしても上手くいかないなら、いつも食べているドッグフードを使ってみましょう。

 

量も大量にあげるのではなく、一粒か二粒程度で十分でしょう。

 

上手にできたら、褒めながらご褒美をあげます。

 

でも、これをやってしまうと、結局、ご褒美がないと言う事を聞かなくなる可能性もありますね。

 

だったら、最初からご褒美を褒める事にすればいいのです。

 

褒める時には、大げさすぎるくらい思いきり褒めてみて下さい。

 

声もトーンも高めにして、思いきり笑顔で全身をなでてあげます。

 

飼い主さんに褒めてもらって嫌な犬はいませんから、しつけのご褒美をおやつではなく、褒めることにすれば、後になって困ることもないはずです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!