フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

しつける時に体罰や暴力は逆効果

 

犬のしつけと言うと、とても厳しく行うものと言うイメージを持っている方も多いようですね。

 

私も最初はこう勘違いしていました。

 

でも実はこれが大きな勘違いなんだという事に気づきました。

 

警察犬など、特殊な訓練をする犬の場合には、いわゆる「ゆるい」しつけでは、本来の目的が果たせず、かえって犬を危険な目に合わせてしまう事もあります。

 

時には、体罰も必要になることがあるのですが、暴力とは少し違いますね。

 

一般家庭の犬の場合には、もちろん体罰や暴力は全く必要ありません。

 

私たちの多くが飼っている犬の多くは家庭犬ですよね。

 

私たちがよく使う「しつけ」という言葉は、日常生活に必要なしつけということであって、厳しく特殊な訓練などは必要ありません。

 

犬たちが人間社会でストレスなく、安全かつ快適に暮らすために、必要な行動や動作を教えることと、来客や散歩など人間社会の様々な刺激に慣らすために必要になることを教えるのです。

 

私も一時期しつけを勘違いをしていた時期がありました。

 

トイレのしつけが上手くいかなかった時に思わす叩いてしまった時もありました。

 

でも叩いても逆効果でトイレに失敗することがありました。

 

叱られることでトイレをすることが悪いことと学習すれば、飼い主さんの目を盗んで隠れてトイレをするかもしれません。

 

叱って行うしつけは、はっきり言って上手くいきません。

 

しつけには体罰も暴力も全く必要ないという事を理解してほしいと思います。

 

だからといって、犬のご機嫌を取るということではないので、勘違いのないようにしましょう。

 

フレンチ・ブルドッグは、ちょっと頑固な一面も持っているので、しつけの時に体罰や暴力を振るってしまえば逆効果になりますし、犬との信頼を失いかねないので注意しましょう。

 

「しつけ=叱る」のではなく、できたら褒めるのが一番いいと思います。

 

私自身、考え方を変え、出来た時に思いきり褒めるしつけに変えた時、今までの悩みがウソのように解決したので、自信を持って言えることです。

 

もちろん、犬の性格などにもよりますが、基本的にしつけをする時には、できたら褒めることが大切だと思います。

 

叱る時には体罰ではなく、大きめな厳しい口調で指示を出すだけでも十分です。

 

しつける時に体罰や暴力は逆効果であるという事を知って下さい。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!