フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

飼い主がリーダーであることを認めさせる

 

犬に飼い主がリーダーであることを認めさせることは、しつけをするための基本です。

 

しつけに限らず、犬と一緒に暮らしていくためにも、とても重要なことになるので、しっかりと覚えておきましょう。

 

犬は群れで行動する習性を持っています。

 

飼い犬は家族を自分の群れとみなして行動をします。

 

「家族=群れ」の中で誰がリーダーなのかを見分けようとしますので、犬と接する時には、飼い主さんが群れのリーダーらしい態度で接することが大切です。

 

もし家族の中にリーダーがいないと判断した時は、自分(飼い犬)がリーダーになろうとします。

 

そうなれば、主従関係が逆転するのでしつけに失敗します。

 

仔犬といっても、飼い主さんの行動をよく観察していますので、飼い主さんが気付かないうちに、犬を優位に立たせている事もあるので注意しましょう。

 

まずは、何をするにも飼い主さんが決め、それに従わせます。

 

とはいっても、無理強いするのではなく、毎日の生活の中で自然とそのことを教えていくのがべストです。

 

例えば、食事の時間です。

 

群れでは一番最初にリーダーが食事をしますので、まず最初に飼い主さんとその家族が食事を済ませます。

 

そのあとに、犬の食事の時間にしていけばいいのです。

 

こうすることで、犬は本能的に飼い主さんが群れのリーダーであり、家族は自分よりも優位な立場にあると理解して行きます。

 

遊ぶ時や散歩の時にも、遊ぶ時間や散歩のコースを決めるのもリーダーです。

 

例えば、散歩の時も犬が先に歩くのではなく、飼い主さんが先に歩いて犬の好きなところへ行かせないように主導権を握りましょう。

 

可愛いからと犬の言う事を全て聞き入れてしまったり、何でも犬の好きにさせてしまうと立場が逆転してしまいます。

 

飼い主がリーダーであることを認めていれば、しつけもスムーズに行くので、リーダーらしく接して行きましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!