フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグのおやつの与え方

 

犬の主食はドッグフードです。

 

昔のドッグフードは質も悪く、栄養バランスもあまり良いとは言えない物ばかりでしたが、最近のものは昔に比べて質もかなり良くなってきています。

 

犬の年齢や体質に合わせたドッグフードもたくさん出てきていますし、栄養バランスも整っているので、基本的にはドッグフードだけを食べさせていれば良いでしょう。

 

でも、「犬用のおやつ」をホームセンターなどで見た時、犬の喜ぶ姿が見たいので、ついつい買ってしまう人もいるでしょう。

 

私は人間で言うお菓子のようなものではなく、歯磨き代わりにガムを1日1回与えています。

 

おやつをあげつつ、しっかりと歯磨き効果もあるので、こういう意味でのおやつはいいと思います。

 

ちなみに、私がいつも買っているのはグリニーズというおやつです。

 

グリニーズを1日1本愛犬に与える事で、歯磨き効果を発揮し、さらにクロロフィルがワンちゃんのお口の臭いも爽やかにしてくれます。

 

 

グリニーズを与える時は生後6ヶ月以上の犬におすすめします。

 

与える頻度は1日に1〜2回が目安です。

 

クロロフィルにより便が緑色になることがありますが、心配はありません。

 

犬の体重に適したサイズを与えてください。

 

グリニーズはあくまでおやつですので、1日に与えるごはんの量の25%以上を与えないで下さい。

 

よくジャーキーなどを与えている人もいますが、フレンチ・ブルドッグは、アレルギーになりやすいので、ジャーキーの種類によってはアレルギーが出てしまう事もあるでしょう。

 

どうしても、おやつをあげたいなら、おやつの素材や原料などもしっかりと確認して、飼い主さん自身が自分の口にできると思う安全なものを選ぶようにしましょう。

 

自宅で飼い主さんが手作りおやつを作ることもできますね。

 

作る時は味付けなど一切必要ありません。

 

オススメの手作りおやつは、一切味付けをしない電子レンジで作る野菜チップスです。

 

ただし、タマネギなど犬に食べさせてはいけない野菜は使用禁止です。

 

アレルギーのある野菜なども使えませんので、アレルギーがある子の場合には注意しましょう。

 

ニンジン、ジャガイモ、かぼちゃ、さつまいもなどをスライスし、専用の器具に乗せ、電子レンジにかけるだけです。

 

これなら飼い主さんも一緒に食べることができますし、ヘルシーなので一度お試しください。

 

私もたまに野菜チップスを作って愛犬に与えています。

 

私は「チンしてチップス」という調理器具を使っています。

 

 

値段も安くて簡単に野菜チップスが作れますよ。

 

ただし、いくらヘルシーなおやつでも、食べ過ぎれば主食が食べられなくなりますし、肥満の原因にもなります。

 

食後やスキンシップの時間に少しだけあげるのがいいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!