フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの平均寿命

 

一般的なフレンチ・ブルドッグの寿命は、11年〜13年だと言われています。

 

しかし、今はドッグフードの質もかなり良くなってきていますし、年齢に合わせてフードの種類を変えたりすることで、さらに健康で長生きできるようになっています。

 

生活環境も室内で飼育する人が多いので、1年中快適な室温で生活できますので、こういう面でも犬の寿命が延びてきているようですね。

 

フレンチ・ブルドッグは、寒さには強いと言われていますが、暑さには極端に弱いと思っておきましょう。

 

夏は室内でクーラーを付けていても、場所によっては涼しい風が届かなかったり、直射日光が当たり、そこだけ気温が高くなっているところもあります。

 

室内にいても熱中症になるのは、こういった理由もあるので、常に犬のいる場所が快適な室温であるように注意することが大切です。

 

室内で自由にできるなら、犬は自分で快適だと思える場所に移動できますが、サークルの中に入れている場合は、サークルを置く場所の室温なども注意しましょう。

 

寒さいに強いといっても、防寒対策はしっかりと行いましょう。

 

室内でも夜寝る時には、ペット専用ヒーターを入れたり、洋服を着せることでも防寒対策になります。

 

食事や飼育環境といった毎日の健康管理も、長生きするために大切なことです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!