フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグに与えてはいけない食べ物

 

フレンチ・ブルドッグだけでなく、全ての犬種に与えてはいけない食べ物があります。

 

犬を飼う時はとても大切なことなので、必ず覚えておきましょう。

 

基本的に人間の食べ物を与えないようにすればまず間違いありません。

 

しかし、中にはアレルギー体質の犬もいます。

 

この場合には、アレルギー要因になる食材は使えませんし、市販のドッグフードが食べられない場合も出てきます。

 

こうなると、飼い主さんがアレルゲンを除いたもので作る手作りフードを作らなくてはいけませんね。

 

そういう場合、フレンチ・ブルドッグに与えてはいけない食べ物があるので、注意しましょう。

 

タマネギ、ニンニク、ニラ、ネギは絶対に少量でも食べさせてはいけません。

 

少量でも場合によっては、中毒症状を引き起こすので絶対に与えてはダメです。

 

また、チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は、犬にとっては毒物で、死に至る危険性があります。

 

ぶどう、パン生地、トウモロコシ、キノコなども、量によっては犬にとって危険な食べ物となることがあります。

 

唐辛子や香辛料など刺激の強いものや、辛いものもいけません。

 

塩分、糖分、脂肪分の多いものもダメです。

 

鶏の骨は噛んだ時、縦に鋭く裂けるので、犬が骨付きの鶏肉を食べた場合、裂けた骨が食道や気管に刺さり危険です。

 

鯛などの硬い魚の骨も危険なので食べさせないようにしましょう。

 

魚介類、生肉、甲殻類もいけません。

 

牛乳やチーズは与える場合には、犬用のものがあるので、必ず犬用のものを与えるようにしましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!