フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

犬に人間の食べ物は与えない

 

私が何かを食べていると必ず視線を感じます。

 

その先には大抵、我が家の犬たちが「何食べてるの〜?ちょうだい」と言わんばかりに熱い視線を送ってきます。

 

犬は雑食なので、人間の食べ物でも与えると食べます。

 

しかし、人間にとって栄養があって美味しくて、体に良いとされている物でも、犬にとっては必ずしもそうでない場合もあります。

 

人間の味覚で美味しいと感じる味付けは、犬にとっては必要のない成分もありますし、味が濃すぎるので健康上良くありません。

 

今は昔と比べてドッグフードの質もかなり向上していますので、主食にドッグフードを食べていれば他の食べ物は一切必要ありません。

 

あげるとしても、犬専用のおやつがあれば十分です。

 

一度でも、人間の食べ物を与えてしまえば、飼い主さんが食事をしている時でも、それを欲しがり催促するようになります。

 

これはしつけの面でも良くないことですし、犬の健康を考えた時にも良いことはありません。

 

また、人間の食べものを与えると、肥満や消化不良につながるのでおすすめできません。

 

人間と犬とでは、消化器官が全く異なるので、人間が簡単に消化できるものでも、犬にとっては消化できなかったり、消化しずらいものがあります。

 

その結果、胃腸が悪くなって下痢をしたり、体調が悪くなることもあります。

 

私たちにとっては、美味しいものも、犬にとっては毒になったり、食べると中毒を起こすものもあります。

 

食べてしまえば、犬も苦しく辛い思いをしますし、最悪命を落としてしまう事もあります。

 

欲しがるから、可哀そうでついついあげてしまうという飼い主さんもいるかもしれません。

 

しかし、本当に可哀そうなのは、どういう事なのかもう一度考えてみましょう。

 

愛犬のことを思うなら、人間の食べ物は与えてはいけません。

 

犬に人間の食べ物は与えないことは、仔犬の頃から徹底しておきましょう。

 

フードにトッピングしたい場合は、ニンジンやキャベツを茹でた野菜や茹でた鶏肉、サツマイモなど簡単に消化できるものにしましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!