フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

冬場は食事の量を少し増やす

 

日本には四季があり季節ごとに気温なども変化しますね。

 

夏の蒸し暑い時期には、私たちだけでなく犬たちも夏バテをして、食欲が低下することがあります。

 

特にフレンチ・ブルドッグは暑さに弱いので、夏場には食欲が落ちることがあります。

 

逆に、寒い冬になると食欲が増すので、少し食事の量や内容を変えてみると良いでしょう。

 

食欲の秋と言いますが、秋以降の寒い時期には、たくさんのエネルギーを必要とするので、私達も食欲が増加することがあります。

 

犬も全く同じなんですね。

 

寒い時期には、いつもよりもたくさんのエネルギーが必要になりますので、エネルギーを補給するためにも、多くの食事が必要になるのです。

 

とは言え、いくら必要だからといっても、極端に増やして太らせてしまってはいけません。

 

増やすといっても、少量だけにしておきましょう。

 

突然増やしたり、減らしてしまうのは良くありませんので、犬の食欲、体調などを見ながら、その都度量を変えていくことも大切なことです。

 

我が家では多頭飼いをしていますが、やはり夏に比べると冬の寒い時期の方が、若干ドッグフードの減りが早いように感じます。

 

健康を害するくらい太らせるのはよくないことですが、「ちょっとふっくらしてきたかな?」くらいの程度なら健康上全く問題ありません。

 

暖かくなるにつれて、食事の量も少しずつ元に戻していっています。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!