フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

食べ残したらすぐに片付ける

 

犬にも性格、体質、食欲には個体差というものがあります。

 

ドッグフードを出せばすぐにペロリと平らげてしまう食欲旺盛な子もいますし、食の細い子もいます。

 

食の細い子は、一度にたくさん食べられませんので、一回の量を減らし、その分回数を多くしてあげるといいですね。

 

また、犬も季節によっては、食欲が低下することもあります。

 

特にフレンチ・ブルドッグは暑さに弱いので、夏の蒸し暑い時期には夏バテをしてしまう事もあるでしょう。

 

人間でも同じですね。

 

夏バテしてしまった時は食欲も低下しますし、場合によっては一切食事を受け付けなくなってしまう事もあります。

 

食べ残したとしても、そのまま放置せずにすぐに片づける習慣をつけておきましょう。

 

寒い冬ならまだいいのですが、蒸し暑い夏の時期には、食べ残しをそのままにしておけば、当然のようにドッグフードも傷んでしまいます。

 

もったいないようでも、残したフードはその都度処分しましょう。

 

病気や体調不良で食欲が低下している時には注意も必要ですが、それ以外の場合には、食べ残したとしてもすぐに片付けましょう。

 

もしも量が多くて食べ残しているなら、量を減らせば無駄もなくなりますね。

 

食べ残したら犬の食欲や体調を見ながら、季節ごとに食事の内容や量を考えてあげることが大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!