フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの1回の食事量

 

犬を飼い始めた時、最初に悩むのが食事の量かもしれませんね。

 

大抵の場合、ドッグフードのパッケージに犬の大きさに合わせて、1日または1回に必要な量の目安が書いてあると思います。

 

でも、ここで注意してほしいのが、パッケージや飼育本に書いてある量は、あくまでも目安に過ぎないという事です。

 

絶対にこの量でなければいけないと言うわけではありません。

 

聞く話では、毎回きっちり量をグラム単位で量ったり、粒を数えて決めている人もいるようですね。

 

その量が犬にとってベストな量であり、健康であるならそれでもいいでしょう。

 

でも、毎回量ったり粒を数えるのは、私には面倒に思えますし、ちょっと神経質すぎるかな?とも思ってしまいます。

 

犬にも個体差があるという事を知っていますか?

 

同じフレンチ・ブルドッグでも、体格や骨格はみな違います。

 

同じ兄妹犬でも全く違う事もあるくらいです。

 

人間で考えてみましょう。

 

大柄な人もいれば、小柄な人もいます。

 

食欲旺盛な人もいれば、小食の人もいますね。

 

犬もこれと全く同じなので、フレンチ・ブルドッグの1回の食事量を決める時には、食べ方やウンチの状態を目安にしてみてください。

 

与えた量を食べ終わった時、満足しているようならしばらくそのまま様子を見ます。

 

食べ終わった後、食器をペロペロと舐め続ける時は、量が少ないかもしれませんので、少しだけ増やしてみてください。

 

コロコロと良いウンチをしていて、肉づきもいいようなら、ベストな量だという証拠です。

 

ウンチが柔らかかったり、ちょっと太った?と思ったら、量を減らせばいいのです。

 

季節によっても、食欲や体調が変化するので、その都度見極めてべストな量を食べさせていきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!