フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

飼い主が先に食事をする

 

犬と言うのは、群れで生活する習性があります。

 

群れにはリーダーが存在し、群れを守り率いていました。

 

リーダーは絶対的な存在なので、逆らえば群れを追放されてしまい、一人ぼっちになってしまいます。

 

群れで生活する動物が一人になった時、それは死を意味します。

 

群れの中では、リーダーが一番最初に食事をします。

 

犬を家族に迎え入れたら、飼い主が家族(群れ)のリーダーになり、犬にそれを教えて行きます。

 

犬は仔犬の頃から本能的に家族を群れとみなし行動するようになります。

 

ですから、飼い主さんが毅然とした態度で接することも大切なことなんですね。

 

どんな場合でもまず最初に飼い主さんやその家族が最初に食事をします。

 

食べ終わったら、犬の食事の時間にします。

 

こうすることで、犬は自分よりも飼い主さんや、その家族の方が立場が上なのだと学習していきます。

 

犬は群れの中で自分よりも立場が上の者には逆らわないので、食事の順番を守ることで、自然と服従心も高まっていくのです。

 

仔犬の時は見た目の可愛さから、ついつい甘やかしてしまいがちになります。

 

飼い主となったら自分が群れのリーダーであるという自覚を持つことも必要です。

 

「仔犬だからまだ大丈夫でしょ〜」なんて思っていたら大間違い。

 

仔犬でも飼い主さんの行動をしっかりと見ていますし、学習能力もあるという事を覚えておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!