フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

社会性の経験をさせる

 

犬にも社会性というのは必要であり、私たち人間と一緒に暮らしていく上でとても大切なことになります。

 

社会性の経験と言われても、何をどうしたらいいか、最初は全くわからず、戸惑ってしまいますよね。

 

社会性を身につけさせるのに一番いいのは、外の世界に連れて行くことです。

 

でも、フレンチ・ブルドッグはあま長時間の散歩や、激しい運動をさせてはいけないので、時間も考えておきましょう。

 

例えば、ドッグカフェやドッグランに行くのもいいでしょう。

 

たくさんのワンちゃんや、飼い主さんたちが集まる場所なので、社会性の経験も無理なく体験させてあげられるでしょう。

 

近くに公園があるなら、散歩に行く飼い主さんやワンちゃんも多いでしょうし、マラソンをしている人、公園で遊んでいる子供もたくさんいます。

 

社会性と言うのは、たくさんの人や犬と触れ合う事で身について行くので、こういう場所を利用するのが一番便利ですし、簡単なのでオススメです。

 

歩く時間は短くても、外で過ごす時間が長い分には体力も消耗しませんし、呼吸が苦しくなることもないので、たまにはドッグカフェで飼い主さんはゆっくりお茶を飲んだり、読書をするのもいいですね。

 

飼い主さん同士の情報交換などもできますし、犬にとっても色々な刺激を受けるので、効率よく社会性の経験をさせる事ができます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!