フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

体を触ってスキンシップを取る

 

仔犬を迎え入れたら、数日間はできるだけかまわずに、そっと見守るようにします。

 

元々、フレンチ・ブルドッグはとっても人なつっこい性格をしていますし、人が大好きなので、新しい環境にも慣れてきたら、少しずつ一緒に遊ぶ時間も増やしていきましょう。

 

仔犬の時は、抱っこされたり、触られるだけでも、私たちが思っているい以上に体力を消耗します。

 

ですから、最初は必要以上に触ったり、抱っこしないことも大切ですね。

 

数日間我慢すれば、後はいくらでも一緒にいることができるので、ほんの少しだけ我慢してあげましょう。

 

まずは、仔犬の名前を呼び、視線を合わせながら、体を触ったり、全身をなでてあげましょう。

 

こうすることで、犬とのスキンシップを取る事ができます。

 

最初は触ると嫌がる部分もありますので、無理強いせずに少しずつ慣らしていきます。

 

スキンシップは、犬と飼い主さんの信頼関係を深めるとても大切な行為です。

 

徐々に時間を延ばして、毎日スキンシップを取りましょう。

 

体を触ることで、どこかに異常があった場合にも、すぐに気付くことができますね。

 

犬は言葉を話すことができませんので、あそこが痛い、ここが痛い、ちょっとここに違和感があるなんて言えませんよね。

 

犬とのスキンシップは、ただ信頼関係を深めるためだけではなく、こういった健康管理にも役に立つのです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!