フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

健康管理をする

 

どんな犬でも、病気になったり怪我をする可能性はゼロではありません。

 

注意していたつもりでも、つい見逃してしまう事だってあるかもしれません。

 

後になって慌てたりしないように、毎日の健康管理を習慣にしておくようにしましょう。

 

とはいっても、何をどうすればいいの?と思ってしまいますね。

 

一番簡単なのは、食欲とウンチの状態を見ることでしょう。

 

犬の食欲やウンチの状態はちょっとした体調の変化もよく表れるので、健康管理の目安にはもってこいです。

 

昨日まで食欲旺盛だった子が、急に食べ物を受け付けなくなった時、それは病気のサインかもしれません。

 

そういう時には、下痢をしていることもあるので、病気の場合もすぐに気付くことができますね。

 

また、毎日スキンシップを兼ねてブラッシングをする時に体を触り、関節などに異常がないか、お腹が張っていないか、どこか触って痛がったりしないかなども確認しましょう。

 

メスの場合は、乳首の周りにしこりがないか、乳腺が張っていたり、分泌物が出ていないかなども確認するといいでしょう。

 

季節の変わり目は、犬も体調を崩しやすいので、人間と同じように健康管理にも気を配ってあげてくださいね。

 

特に仔犬や高齢犬は、自分で体温調節ができないので、飼い主さんがフォローしてあげることが大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!