フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

温度管理に気をつける

 

フレンチ・ブルドッグは、暑さにとても弱いので、熱くなる季節には室内の温度管理に特に注意しましょう。

 

クーラーをつけていても、直射日光が当たる場所は、そこだけ温度も上昇します。

 

蒸し暑い夏には、室内にいてクーラーを付けていても、サークルのある場所に直射日光が当たっていれば、逃げ場がなく熱中症にかかってしまいます。

 

フレンチ・ブルドッグのように鼻の短い犬は、少し運動しただけでゼーゼーと苦しそうな呼吸をしますね。

 

短頭種の犬は、気管が短く呼吸がしづらいので、激しい運動も禁物ですが、暑い季節に室内の温度管理も徹底して行う事が大切です。

 

サークルの置き場所などは、フレンチ・ブルドッグに限らず全ての犬種に言える事なので、よく覚えておきましょう。

 

サークルの場所に日が当たらないようにカーテンを閉めたり、何か物を置いて日光を遮るような工夫をします。

 

サークルの置き場所を決める時に、真夏の時期の日当たりのことなども考えておくといいでしょう。

 

暑さだけでなく、寒い時期にも温度管理には注意が必要です。

 

防寒対策で洋服を着せたり、ペット専用のヒーターを使ったりして、寒い思いをさせないようにしましょう。

 

季節の変わり目は、日中は暖かくても、朝晩は冷え込んだりします。

 

時間帯によっても、温度の変化に注意してあげましょう。

 

人間にとっての快適な室温と、犬にとっての快適な室温には少し差があります。

 

犬は体温調節のために汗を出すエクリン腺が足の裏にしかありません。

 

そのため、熱くなった体を冷やしにくいこと言われています。

 

一般的に犬にとって適切な室内温度は、18〜22度と言われています。

 

人間は少し肌寒く感じるかもしれませんが、これが犬にとって快適な温度です。

 

暑すぎる時や寒すぎる時に、犬は色んなサインを出します。

 

<暑がっている時>

 

・冷たいフローリングなどの床に寝そべる
・水をたくさん飲む
・ハアハアとした荒い息づかいになる

 

<寒がっている時>

 

・体を丸めて寝ている
・小刻みに震えている
・水を飲む回数が減っている

 

犬のサインに気づいたら温度調節をし、適切な対策をしてあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!