フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

寝起きはトイレに誘導する

 

仔犬を迎え入れたその日からしつけは始まっているのです。

 

最初は、サークルの中にハウスやベッドを置きますが、わかりやすいように仕切りをつけてトイレも設置します。

 

こうするとトイレのしつけも案外とスムーズに行くので、最終的には場所を少しずつ変えることになりますが、まずは同じサークル内に設置しておくのがオススメです。

 

仔犬の時、トイレをするのは寝起きか食後がほとんどです。

 

仔犬を迎え入れたら、可能な限り仔犬の行動を見守ってみて下さい。

 

寝起きには必ずトイレをすることに気づくと思います。

 

トイレはペットシーツの上ですることなのだと理解できれば、少しずつ場所を変えても上手にできるようになります。

 

でも、まだ小さいうちはトイレに行こうとしても、寝起きで頭がボーットしていたり、ヨチヨチ歩きの赤ちゃんと同じなので、トイレに行こうとしても間に合わず、途中でしてしまう事もあります。

 

こういう場合には、飼い主さんがトイレに誘導するようにしてみてください。

 

最初は飼い主さんが誘導しても、上手にできたらとにかく褒めてあげることも大切です。

 

ペットシーツでトイレをしたら褒めてもらえるんだと理解できれば、自然と覚えも良くなります。

 

もし失敗しても叱らず我慢も必要です。

 

特に、フレンチ・ブルドッグは、ちょっと頑固なところがあるので、叱るタイミングを間違えてしまうと、拗ねてしまう事もあります。

 

基本は褒めるようにするのがいいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!