フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フローリング対策をする

 

フローリングは掃除もしやすく清潔なので、最近では畳よりも多いかもしれませんね。

 

もちろん、犬と一緒に生活をする場合にも、フローリングは快適に過ごせるのでいいのですが、唯一「滑りやすい」というデメリットがあります。

 

フレンチ・ブルドッグは室内犬ですし、散歩もそれほど必要ありません。

 

中には散歩は好きな子もいるので、連れていく場合でも数十分程度でいいのです。

 

室内で過ごす時間が多いので、フローリング対策はしっかりと行いましょう。

 

例えば、飼い主さんがフローリングの床の上を歩く時、靴下やストッキングだけで歩こうとすると、滑ってしまう事はありませんか?

 

スリッパを履いていても、急いでいる時などは滑ってしまう事もあると思います。

 

犬の場合は、常にストッキングや靴下で歩いているような状態と思っておくといいでしょう。

 

飼い主さんと室内で遊んでいる時に、方向転換をしようとしても、土の上や芝生のように踏ん張ることができないので、滑って転んでしまう事もあります。

 

この時、関節を痛めてしまったり、背骨や腰に負担がかかりヘルニアになってしまう事もあります。

 

フローリングの床全てではなくても、中央や犬が通る場所などにラグやマットを敷いてあげましょう。

 

これがあるだけで、滑りにくくなりますので、思わぬ怪我の予防にもなります。

 

飼い主さんにとっても安全ですね。

 

ちなみに、我が家ではCBジャパンのジョイントマットを使っています。

 

防音効果もあって、しっかりした厚みと柔らかさが特徴のマットです。

 

カラーバリエーションが豊富で、お部屋のタイプに合わせて選べます。

 

安くて丸洗いができるのでとても便利です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!