フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

サークルとトイレの場所を決める

 

犬と言うのは、習慣が付くとなかなかそれを修正するのが難しくなります。

 

これを逆手にとって、しつけに応用することもできますので、習慣づけることの大切さも理解してあげましょう。

 

サークルとトイレの場所を決めたら、できる限りずっと同じ場所にします。

 

家のトイレの場所や、寝室がコロコロ変わったとしたら、なんだか落ち着きませんよね?

 

犬も全く同じです。

 

最初に場所を決めたら、ずっとそこにトイレとサークルを置くようにしましょう。

 

ですから、まずどこにサークルとトイレを設置するのかを決めておかなくてはいけません。

 

最初の頃は、トイレやハウスのしつけも兼ねて、サークルの中にハウスとトイレを仕切り用意してあげるのが、仔犬にもわかりやすくて良いと思います。

 

最初とは結果的にトイレの場所が変わることになりますが、いきなり全く違う場所にするのではなく、サークルの近くにトイレを設置できる場所を確保しておくのがオススメです。

 

トイレのしつけを進めていく過程で、ペットシーツの上でトイレをする習慣が付けば、少し場所がずれてもペットシーツを探してトイレをするようになります。

 

サークル内のスペースを広めに確保できるなら、仕切りをつければサークル内にハウスとトイレを設置してもいいですね。

 

家庭環境や室内のスペース、設置場所をよく考えて、犬にとってはもちろんですが、飼い主さんにもべストな場所を考えてあげてくださいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!