フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

愛犬が亡くなったら死亡届を出す

 

犬も人間と同じように、死亡したら死亡届を役所に出します。

 

犬の死亡届は、「廃犬届」とも呼ばれています。

 

廃犬届とは何となく感じの悪い用語ですが、かなり昔に作られた言葉なんでしょうね。

 

犬も人間と同じように、仔犬を迎え入れた時には登録をしますし、犬が亡くなった時には、死亡届を出さなければいけないことが法律で決まっています。

 

狂犬病予防法

 

第2章 通常措置

 

第4条第2項

 

犬が死亡したとき又は犬の所在地その他厚生労働省令で定める事項を変更したときは、三十日以内に、厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地(犬の所在地を変更したときにあつては、その犬の新所在地)を管轄する市町村長に届け出なければならない。

 

飼い犬が死亡してから30日以内に、死亡届を出さなければいけません。

 

何故、犬の死亡届の提出が義務とされているのか疑問に思う方も多いようです。

 

犬の死亡届を出さなくて、そのまま放置していたらどうなるのでしょうか?

 

新しく犬の飼い主になる場合は、犬が家に来た日から30日以内に犬の登録を申請しなければなりません。

 

犬の死亡届を提出しないと、犬は生きているとみなされ、狂犬病の予防注射のお知らせハガキが毎年自宅に郵送され続けることになります。

 

毎年、狂犬病の予防注射を受けることが、狂犬病予防法という法律に定められています。

 

もし狂犬病の予防注射をしなかった場合、20万円以下の罰金を支払う必要があるのです。

 

狂犬病予防法

 

第5章 罰則

 

第27条

 

次の各号の一に該当する者は、20万円以下の罰金に処する。

 

第27条第1項

 

第4条の規定に違反して犬(第2条第2項の規定により準用した場合における動物を含む。以下この条において同じ。)の登録の申請をせず、鑑札を犬に着けず、又は届出をしなかつた者。

 

亡くなった犬に狂犬病の予防注射は必要ないので、その手続きをする必要があるのです。

 

あなたが知らないうちに法律違反をしていて、あとから罰金を請求されても知らなかったでは済まされないのです。

 

また、飼い犬がペット保険に入っている場合は、死亡届を提出することで、スムーズに保険解約の手続きを行うことが出来ます。

 

犬の死亡届の手続きを行うことは、飼い主さんのためにも大切なことです。

 

死亡届は、市区町村役場のホームページからダウンロードできます。

 

死亡届は生年月日または年齢、雄・雌どちらか、毛色、種類、登録年度、登録番号、死亡年月日など記載します。

 

死亡届の提出先は、犬の登録をしてある市区町村の役場になります。

 

この時に犬鑑札を返し、登録の末梢手続きをしなければなりません。

 

紛失している場合は、犬鑑札紛失届の添付が必要な場合あります。

 

この他、手続きには狂犬病予防注射済票も必要になります。

 

死亡届に必要な物は以上ですが、念のため前もって役所に確認しておくとよいと思います。

 

犬の登録には手数料がかかりますが、死亡届の場合は無料(0円)です。

 

フレンチ・ブルドッグのように純血種で血統書のある犬が死んだ時は、血統書の裏面に死亡年月日と所有者の住所、氏名を書き登録団体に送ります。

 

愛犬の思い出に血統書を保存しておきたかったら、それを申し出れば、台帳から抹消した後、送り返してくれます。

 

フレンチ・ブルドッグを飼うと決めた時から、10年以上は一緒に過ごすことになります。

 

最近ではドッグフードや、犬の過ごす生活環境などもよくなてきていることから、犬の寿命も延びて来ています。

 

人間と同じですね。

 

ただし、どんなに長生きしてもやがて死が訪れます。

 

家族の一員として、長い間過ごしてきた愛犬が亡くなるのは、とても辛いことですし、悲しくて寂しくてどうしようもありません。

 

私も愛犬を亡くした経験があるので、その辛さはとてもよくわかります。

 

しかし、泣いてばかりもいられません。

 

出来ることなら、このままそばに置いておきたいと思うものの、そういうわけにもいきません。

 

亡くなった犬の処置にはいくつかの方法ありますが、庭がある人は庭に埋葬してもいいですし、費用はかかりますが犬のお葬式もできます。

 

私は愛犬がなくなった時、そばにいて欲しいと言う思いから、庭にお墓を作りました。

 

しかし、気持ちに区切りをつけるという意味でも、火葬してお葬式をする方もいます。

 

犬を思う気持ちや事情は人それぞれなので、飼い主さんがベストと思える方法を選べばいいと思います。

 

悲しいことですが、死亡届の提出も飼い主としての義務であり、最後の役目なので、しっかりと行いましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!