フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

生後8週間を過ぎている仔犬を選ぶ

 

フレンチ・ブルドッグを飼うと決めた時、良い仔犬を選びたいと誰もが思う事でしょう。

 

良い仔犬を選びたいなら、生後8週間を過ぎている仔犬を探すようにしましょう。

 

人間の赤ちゃんと同じように、仔犬は産まれてから母犬のお乳を飲むことで免疫力をもらいます。

 

母犬のお乳をたっぷりと飲み、栄養をつけることで健康な仔犬に育っていきます。

 

そのためには、最低でも8週間(約2ヶ月間)は母犬と一緒に過ごすことが条件になります。

 

小さいほど可愛いと言う人間の作りだした身勝手な条件で、早くから母犬と引き離されてしまう仔犬は、免疫力も抵抗力も低くなります。

 

ペットショップにいる仔犬は、お店に並ぶ時点で2ヶ月くらいではありますが、その前に母犬と引き離されているので、条件的に言えばあまり理想的ではありません。

 

一番可愛い盛りではありますが、8週間までは母犬と一緒に過ごさせてあげたいですね。

 

ブリーダーのところで仔犬を購入する場合には、最低でも8週間は母犬と過ごさせます。

 

可愛い所を見たいなら、足を運び仔犬に会いに行くと良いでしょう。

 

その分、待ち遠しく仔犬を迎え入れる日の喜びも増すのではないでしょうか?

 

本当に犬を愛して大切に思うなら、8週間くらい待つくらいの覚悟も必要という事です。

 

小さい仔犬は確かに見た目は可愛いのですが、母犬の代わりになって子育てをしなければいけませんので、それだけ手間と時間も必要になります。

 

フレンチ・ブルドッグの仔犬を健康な状態で飼育するには、飼育の際に気を付けたいポイントや飼育上のコツがあります。

 

ブリーダーは、仔犬を健全な状態で飼育するプロと言っても過言ではありません。

 

素人が生後8週間までの仔犬を飼育するのはリスクが伴います。

 

このようなことをよく理解した上で仔犬を選ぶといいでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!