フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

ブリーダーからフレンチ・ブルドッグを買うメリット・デメリット

 

個人的には、フレンチ・ブルドッグの仔犬を購入する場合には、ブリーダーから買うのが一番オススメの方法です。

 

しかし、ブリーダーから買う場合、メリットとデメリットがあります。

 

メリットは何と言っても、飼育環境の良さでしょう。

 

母犬と過ごすのは、最低でも2ヶ月間は必要です。

 

多くのブリーダーは、最低でも2ヶ月間は母犬や兄妹犬と一緒に過ごさせます。

 

場合によっては、3ヶ月のこともあります。

 

しっかりと母犬から免疫をもらっていることと、兄妹犬達と長く過ごすことができるので、精神的にも安定して丈夫な仔犬を譲り受けることができるでしょう。

 

しかし、ブリーダーにも色々とあるので、本当の意味で良いブリーダーを探すことも大切ですね。

 

良いブリーダーに巡り合うことができれば、それだけ良い子犬と巡り合うこともできるからです。

 

一般的に良いブリーダーは、スタンダードにこだわります。

 

優秀なブリーダーほど、よりスタンダードに近いフレンチ・ブルドッグを作るために努力を重ねます。

 

本当にフレンチ・ブルドッグを愛しているブリーダーの多くは、スタンダードを追求し、展覧会やドッグショーで好成績を収めていることが多いものです。

 

優良なブリーダーを探す時は、そのブリーダーの展覧会やドッグショーでの結果をチェックしてみましょう。

 

お金儲けを目的とした悪質なブリーダーの場合、スタンダードにこだわることなく、フレンチ・ブルドッグの仔犬であれば何でもよいと考えています。

 

また、母犬の体への負担なども考えることなく、とにかく頭数を増やすことを目的としているため、健康状態の良くない犬でも繁殖させられます。

 

その結果、遺伝性疾患を持った仔犬が誕生したり、スタンダードとはかけ離れた本来のフレンチ・ブルドッグらしくない仔犬が産まれることもあります。

 

優良なブリーダーを探す時は、計画性を持って繁殖させているかも確認しておきましょう。

 

フレンチ・ブルドッグは、一度の出産で仔犬を産める頭数が2〜3頭と少なく、ほとんどが帝王切開となります。

 

そのため、ブリーダーから直接購入する場合でも値段は30〜40万円ほどが相場となっています。

 

また、欲しいと思った時に必ずしも仔犬が産まれているかどうかはわかりませんので、タイミングが合わなければ待つ必要も出てきます。

 

遠方の場合には、移動時間や交通費をかけて犬舎まで見学に行ったり、仔犬を迎えに行ったりすることも必要になります。

 

しかし、犬舎を見学し仔犬がどういう環境で育ってきたのかとういう事、母犬の状態なども確認できますし、直接仔犬とも会えます。

 

仔犬を購入した後も色々と相談に乗ってもらったり、アドバイスしてもらえるので、そういう意味では安心です。

 

ブリーダーにもデメリットはあるものの、メリットの方が多いと思います。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!