フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

ペットショップでフレンチ・ブルドッグを買うメリット・デメリット

 

フレンチ・ブルドッグの仔犬を購入する場合には、いくつかの方法があります。

 

それぞれにメリットもあればデメリットもあるので、購入方法ごとにどこに注意すればいいのかなどを紹介します。

 

どこの地域にも必ずあるのが、ペットショップではないかと思います。

 

個人が経営しているペットショップもあれば、大型ショッピングセンターの中にあるチェーン店のペットショップなど色々ですね。

 

ペットショップで仔犬を購入するメリットは、直接仔犬に会えるという事と、好きな時に買いに行けるという手軽さにあると思います。

 

価格を見ても、高すぎずや安すぎずといった感じでしょう。

 

ただし、犬にも流行のようなものがあり、人気の犬種や人気の毛色などの場合は、若干価格も高めに設定されていることがあります。

 

ペットショップで購入する場合のデメリットを考えてみましょう。

 

お店に来る頃が一番可愛い時期なのですが、その分母犬と早くに引き離されています。

 

本来なら、まだ母犬のお乳を飲み免疫力をもらえる時期に、母犬と引き離されるので、健康面では少し不安があることが多いですね。

 

また、お店に来るまでには、仔犬には相当のストレスがかかります。

 

仔犬はちょっとしたことでも体調を崩しやすく、病気になりやすいというリスクがあります。

 

ペットショップで購入する場合には、こういったメリットとデメリットがあるという事を知っておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!