フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグは何キロ以上太ったら肥満になりますか?

 

肥満ついては個体差があるので何キロというように数字で判断するのではなく、犬の骨格や体格を見て判断するようにしましょう。

 

フレンチ・ブルドッグの体重は、オスとメスともに12.7kgが理想とされています。

 

これはドッグショーに出るようなタイプを基準にしているので、それ以外の場合には13kgから14kgくらいと思っておくといいでしょう。

 

でも、これはあくまでも目安なので、骨格ががっちりとしていれば、もっと体重が重くなりますが、15kgあるからと言って必ずしも肥満と決めつけることはできません。

 

これを人間に置き替えて考えてみましょう。

 

背の高い家系もあれば、小柄な家系の人もいますね。

 

体格の良い人もいれば、痩せている人もいます。

 

同じ年齢の人が何人かいて、体重だけを見た時、体重が多いからといってその人が肥満であるとは限りませんね。

 

身長があればそれだけ体重も多くなりますから、体重だけで肥満と決めつけることができないのは犬も同じなんです。

 

マッチョな子もいれば、線の細い子もいるといういう事なんです。

 

ですから、自分の愛犬がどんなタイプなのか?、べスト体重は何キロなのか?を知っておくこともが大切です。

 

自分で判断できない場合には、動物病院で診てもらって、どのくらいがべスト体重なのかを聞いてみましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!