フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグは太りやすいって本当ですか?

 

フレンチ・ブルドッグは食欲旺盛な子が多いので、太りやすいと言われています。

 

フレンチ・ブルドッグの鼻はペチャっとつぶれた形をしていますよね。

 

このような犬を短頭種と言います。

 

短頭種の鼻はちょっと呼吸がしづらいので、息が荒くなるような激しい運動は向いていません。

 

心拍数が上がり、心臓に負担がかかってしまいますし、呼吸が苦しいので呼吸困難になったりチアノーゼを起こることがあるからです。

 

体質も太りやすいため、食事管理をしっかりと行わないと、太りやすいのですぐに肥満になってしまいます。

 

他の犬種の場合には、最近ちょっと太ったな〜という場合には、いつもよりも長めに散歩をしたり、運動をすることでカロリーを消費できますが、フレンチ・ブルドッグはこれができません。

 

このため、食事管理と体重管理をしっかりと行う事が大切です。

 

また、ドッグフードの種類も年齢に合ったものを選ぶようにしたいですね。

 

カロリーなども年齢に応じて考えられて作らてれいるので、いつまでもパピー用のフードを食べさせていたり、高齢になっても成犬用(1歳〜5歳くらいまで)のフードを食べさせていれば、カロリーも多くなります。

 

高齢犬になれば消化の良いフードに切り替えていくことも大切です。

 

ドッグフードのパッケージに何歳用なのかが書いてあるので、参考にして下さい。

 

体重管理と一緒に、食事管理もしっかりと行いましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!