フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグは皮膚病が多いって本当ですか?

 

確かに、フレンチ・ブルドッグは、皮膚病になりやすいと言われています。

 

その原因は、皮脂の分泌量にあります。

 

皮脂の分泌量が多ければ皮膚のトラブルも多くなり、ニキビなどもできやすくなりますね。

 

わかりやすく言うとしたら、フレンチ・ブルドッグは常に思春期の人間のような状態でしょう。

 

とはいっても、シャンプーのし過ぎは逆効果です。

 

例えば、女性の場合にも顔を洗いすぎた時、顔が突っ張り乾燥しますよね。

 

乾燥肌の人は痒みなんかも出てきますが、これは犬も同じなんです。

 

どんな犬種でも皮膚や被毛を守るために最低限必要な皮脂というのがあります。

 

犬の皮膚って皆が思っている以上にデリケートなので、洗いすぎも皮膚病の元になります。

 

適度なシャンプーはいいですが、洗い過ぎには注意しましょう。

 

目安としては月1回程度のシャンプーで十分です。

 

皮膚病予防のために、ペット専用の薬用シャンプーを使うと良いでしょう。

 

また、毎日丁寧にブラッシングをし、清潔なタオルで体を拭いてあげましょう。

 

ブラッシングは全身の血行を良くしますし、血行が良くなることで代謝もアップして免疫力も高まります。

 

健康のためにもなりますし、犬とのスキンシップにもなるのでブラッシングは大切なことです。

 

それから、フレンチ・ブルドッグは顔にシワがありますね。

 

このシワの間は蒸れやすいので、顔のシワの間のお手入れも大切です。

 

放置するとシワの間に細菌が繁殖して、そこから皮膚に炎症が起き皮膚病になってしまう事があります。

 

お顔のシワも清潔なタオルやガーゼで優しく拭き取ってあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!