フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグはいびきが大きいって本当ですか?

 

フレンチ・ブルドッグの顔を思い浮かべてみてください。

 

クリクリの目にペチャっとつぶれた鼻は、どちらもチャームポイントですよね。

 

でも、この独特の形は呼吸がしづらいのです。

 

フレンチ・ブルドッグやパグ、シーズー、ボストンテリアなどの鼻が短い犬種を短頭種と言います。

 

短頭種の犬は他の犬種に比べて短頭種気道症候群という特有の病気になるリスクがあります。

 

健康な状態でも口の中の気道が短いために、寝ている時にはどうしてもいびきをかいてしまいます。

 

短頭種は呼吸器系の病気になりやすい傾向にあるので、いびきの音が明らかに大きくなってきていると感じた時には、動物病院で検査をしてもらうといいかもしれません。

 

いびきの音が病気のサインになることもあります。

 

生まれつきいびきが異常に大きな時は、軟口蓋過長症という先天的な病気の可能性があります。

 

これはノドチンコが長すぎて気道を塞いでしまい、呼吸がしづらくなる病気です。

 

あまりにもいびきが酷い場合には、手術で切除しなければなりません。

 

また、いびきが酷い時は鼻腔狭窄という病気の可能性もあります。

 

これは鼻の穴が狭いことにより、呼吸がしづらくなる病気です。

 

ほとんどの場合が遺伝による生まれつきの病気です。

 

酷い時は手術によって鼻の穴を広げなければならないこともあります。

 

いびきのペースなども確認しておきましょう。

 

また、フレンチ・ブルドッグは、太りやすく肥満になりやすい傾向にあります。

 

肥満になれば気管もさらに狭くなりますし、呼吸もしづらく、心臓にも負担がかかります。

 

呼吸困難になり、チアノーゼといって口の中の粘膜や舌が青紫色になる状態になることもあります。

 

肥満から来る糖尿病なども心配ですね。

 

食事と体重管理は、色々な面で大切なことです。

 

しかし、いびきをかくからと言って、必ずしも病気であるというわけではありません。

 

フレンチ・ブルドッグは、いびきをかきやすいですが、音やいびきの頻度なども確認しておき、どれが正常な状態で、どれが異常なのかを聞き分けることも大切です。

 

いびきをかきながらスヤスヤと眠っている姿も可愛いものですが、いびきの変化にはすぐに気付いてあげたいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!