フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグは暑さに弱いって本当ですか?

 

フレンチ・ブルドッグのような鼻がペチャっとしている犬は短頭種と言って、健康な状態でもちょっと動いたり、激しく興奮した時、呼吸がしづらくなります。

 

これは生まれつき気道が短く鼻の状態や鼻の穴の大きさなども関係してきますが、短頭種の宿命のようなものと言って良いかもしれません。

 

フレンチ・ブルドッグは、夏の暑さに弱いですが、寒さにも弱いです。

 

基本的に室内で生活をしますが、夏の暑い時期には室内でクーラーをかけていても、日当たりが良い場所は、そこだけ高温になりますね。

 

もしもそこにサークルがあって中に犬がいれば、サークルの扉がしまっていれば逃げ場がなく、暑い場所に放置されるので、熱中症にかかってしまいます。

 

熱中症はすぐに適切な処置をしなければ、死んでしまう事もあるので暑さ対策はしっかりと行いましょう。

 

夏のお散歩にも注意したいですね。

 

人間の高さではそれほど暑く感じなくても、犬は地面に近いので、照り返しで体温が上昇すれば呼吸も荒くなり、苦しい思いをさせることになります。

 

暑い時期は散歩の時間帯にも注意しましょう。

 

朝や夜など涼しい時に散歩するようにしましょう。

 

室内でもクーラーの位置や、涼しい風をさえぎるものがあれば、クーラーをつけていても暑い部分ができてしまいます。

 

常に犬が快適に過ごせるようにしてあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!