フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの去勢手術や避妊手術は失敗しやすいって本当ですか?

 

去勢手術や避妊手術をする場合には、健康な状態で若いうちに、将来かかるかもしれない病気予防のために受ける時には、それほど問題はないようですね。

 

去勢手術や避妊手術は、よほど腕の悪い獣医さんでない限り、手術自体はそれほど難しくないはずです。

 

しかし、手術の時には全身麻酔をしますね。

 

麻酔のリスクは人間と同じように犬の場合も同じです。

 

もちろん、手術の前には検査をして麻酔をかけて手術ができる状態であるかを確認することが大切です。

 

中には麻酔アレルギーを持っている犬もいます。

 

この場合は麻酔をすると、すぐに心肺停止します。

 

先生によっては、検査もせず、気管チューブも使わず、注射の麻酔のみで手術をする人もいますが、これはちょっと怖いですね。

 

手術をするなら、しっかりと事前に検査をし、手術も丁寧にしてくれる先生にお願いしたいですね。

 

また、麻酔をかけて手術すると様々な危険があります。

 

麻酔事故には色々ありますが、多いのは術後の覚醒時に嘔吐物などが気管に詰まり窒息死するケースです。

 

これは明らかに人為的ミスで、獣医師さんが注意深く観察していれば防げる事故です。

 

フレンチ・ブルドッグのようにマズルの短い犬種は特に注意が必要と言われています。

 

短頭種は麻酔時に心拍数が下がりやすいことや、よだれが多く喉のほうに落ちることで気管を狭くしたり、元から気管チューブを入れにくい喉の構造のために、低酸素状態になったり嘔吐で気管を塞いでしまう可能性などが考えられるからです。

 

去勢手術や避妊手術を受けるデメリットの一つに、手術によって亡くなる可能性もあることです。

 

人間の場合には麻酔専門医がいますが、麻酔科専門の獣医はいません。

 

フレンチ・ブルドッグの麻酔時に起こりうる問題を想定し対応出来るようにしている病院や全身麻酔をかける症例も多くこなしている病院を選ぶようにすると良いでしょう。

 

麻酔のリスクについてあまりきちんとした説明を受けられていないと感じたら、他の動物病院に話を聞くこともとても大切です。

 

また、子宮蓄膿症などの病気予防のために避妊手術を行う場合もあります。

 

結果的には病気の原因になる子宮を摘出する=避妊手術でとなるわけですが、病気が原因になっている場合には、麻酔に耐えられるだけの体力がない場合もあるので、即手術というわけにもいかないこともあります。

 

我が家のメス犬がそうだったのですが、子宮蓄膿症の場合には、すぐに手術をするのがいいのですが、弱っていたために、すぐに手術をしたら手術中に死んでしまう可能性もあると言われました。

 

先に治療をして体力を回復させてから、避妊手術をしたのでこういう場合もあります。

 

去勢手術や避妊手術が失敗しやすいか、成功しやすいかはその先生の腕もそうですが、犬の年齢や体力、状態なども関係してきます。

 

フレンチ・ブルドッグの去勢手術や避妊手術をする際には、慎重に検討しましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!