フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの1ヶ月の飼育代はいくらですか?

 

フレンチ・ブルドッグの飼育代ついては、飼い主さんがどんなものを選ぶかによってもかわってきますので、フレンチ・ブルドッグだからいくらかかるという決まりはありません。

 

かけようと思えばいくらでも費用をかけることができますが、ここでは最低限必要なもので計算してみましょう。

 

まず、犬を飼ったら犬の登録をする必要があります。

 

これは狂犬病予防法という法律により、犬の飼い主には飼い犬を市区町村に登録すること、および交付された鑑札を犬に装着することが義務付けられています。

 

犬の登録手数料は3,000円です。

 

また、年に1回、狂犬病の予防接種も狂犬病予防法で決められています。

 

予防接種後に市区町村から交付される「注射済票」を犬に装着しなければなりません。

 

注射済票がない犬は捕獲の対象になり、また飼い主さんが20万円以下の罰金に処せられる場合があります。

 

注射料金と交付手数料のトータルは概ね4,000円です。

 

義務ではないですが、病気予防のために健康診断も必要です。

 

特にフレンチ・ブルドッグは特有の疾患があるので、年1回程度の検査をしておいた方がいいでしょう。

 

老犬になれば、半年に1回程度行いましょう。

 

健康診断の費用に関しては地域や病院、オプション検査の有無によりかなり違います。

 

目安としては初診費として1,000〜2,000円、トータルで5,000〜20,000円ほどになります。

 

詳しくは動物病院のホームページなどで確認して下さい。

 

犬がかかりやすい病気があり、それに対する免疫力を高めるための注射するのが一般的です。

 

特に感染率が高いジステンパーウイルス、イヌアデノウイルス(ケンネルコフ)、イヌパルボウイルスに対するワクチンは、接種しておくことが世界的に推奨されています。

 

混合ワクチンの料金は5〜6種混合ワクチンが1回5,000〜7,500円、8〜10種が1回5,000〜10,000円程度です。

 

ちなみに小型犬でも大型犬でも値段は同じです。

 

フィラリア予防のためにフィラリア注射をする場合は、初診料、検査料、薬代で8,000円〜10,000円程度です。

 

フレンチ・ブルドッグの生活用品にかかる費用はピンきりですが、安いもので揃えれば2万円程度です。

 

・犬用トイレ(2,000〜5,000円)
・食器(2,000〜5,000円)
・ブラシ(1,000〜3,000円)
・爪きり(500〜2,000円)
・首輪(1,000〜5,000円)
・リード(2,000〜10,000円)
・ケージ(5,000〜30,000円)
・ベッド(2,000〜20,000円)

 

基本的に毎月かかる費用としては、ドッグフード代とおやつ代、ペットシーツ代ですね。

 

フレンチ・ブルドッグは皮膚が弱いため、安い大袋入りのドッグフードなどをあげた場合には、アレルギーを起こすこともあります。

 

ドッグフードは犬の体質なども考えて、合うものを探すのがベストですね。

 

自然派のドッグフードになると、少し値段も高めになりますが、安いフードを食べさせてアレルギーが出れば、治療しなければいけません。

 

動物病院は保険制度がないので、治療費は全て自費負担になります。

 

そこそこ質の良いドッグフードにもなれば、1ヶ月に3,000円くらいでしょうか。

 

ペットシーツは、ネットショップでまとめ買いをすればお得になるので、月にして1,000円くらいで済むと思います。

 

犬を飼うのって、意外とお金がかかるんです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!