フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの語源

 

フレンチ・ブルドッグは、ブルドッグの特徴を受け継いでいるので、コンパクトで愛嬌のあるブルドッグといった感じですね。

 

フレンチ・ブルドッグの祖先でもあるブルドッグは、牡牛と戦う犬としても有名でした。

 

牡牛のことを「ブル」と呼ぶことから、ブルドッグと呼ばれるようになります。

 

イギリスで生まれたブルドッグの中から、特に小ぶりで小さいブルドッグがフランスに持ち込まれ、その後、パリの繁殖家が交配を重ねて改良された結果、フレンチブルドッグが誕生したと言われています。

 

フレンチ・ブルドッグはフランスが原産国になるので、名称にフレンチと付いています。

 

これが、フレンチ・ブルドッグの語源になります。

 

フランスでは、「ブルドッグ・フランセーズ」という何ともフランスらしい呼び方をされていました。

 

ブルドッグと言えば、イギリスの犬といったイメージも強いですね。

 

フレンチ・ブルドッグが注目され、人気が出たことでイギリスの人々は、名前の最初にフレンチという文字が付くことに納得がいかなかった人もいたようですね。

 

納得がいかなかったのはイギリスの愛犬家だったと言われています。

 

フレンチ・ブルドッグの呼び名に「ブルドッグ・フランセ」というのがありますが、これはイギリスの人に敬意を表した呼び方なのかもしれませんね。

 

フレンチ・ブルドッグの誕生にはフランスの功績が大きいため、現在では異を唱える人も少ないようです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!