フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

先住犬がいてもフレンチ・ブルドッグを飼えますか?

 

先住犬の性格にもよりますが、フレンチ・ブルドッグは他の犬ともすぐに仲良しになれます。

 

そのため、先住犬がいてもフレンチ・ブルドッグを迎い入れることは可能でしょう。

 

もしも先住犬がとても神経質で、警戒心が強く、縄張り意識の強い子の場合には、しばらく時間がかかるかもしれません。

 

この時、無理に飼い主さんが介入するのではなく、ある程度は犬同士に任せることが大切です。

 

先住犬が神経質な子でも、相手が仔犬の場合には意外とすんなりと受け入れてくれることもあるようですね。

 

フレンチ・ブルドッグはとても人なつっこく、明るく、フレンドリーですが、その反面一人ぼっちが嫌いで苦手です。

 

むしろ多頭飼いの方が、寂しい思いをしないので良い部分もあるかもしれませんね。

 

ただし、多頭飼いにはルールがあります。

 

犬は群れで行動する習性があり、家族を自分の群れとみなします。

 

このため、何をする時にも、先住犬を優先します。

 

食事、おやつ、遊ぶ順番など全てにおいて先住犬と最初に接します。

 

飼い主さんが行動で示すことで、自然と犬も群れの中での自分の位置を学ぶことができます。

 

先住犬を優先することで、後から来た犬は先住犬を敬う事を自然と学びます。

 

一度でもこれを破ってしまうと、犬同士の関係も壊れてしまうことがあるので、先住犬との接し方は特に注意しなければいけません。

 

飼い主さんが思っている以上に、犬は飼い主さんの行動をよーく見ていますので注意してくださいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!