フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

日中留守にすることが多くてもフレンチ・ブルドッグを飼えますか?

 

一人暮らしをしている人など日中留守にすることが多くても、フレンチ・ブルドッグを飼うことはできます。

 

留守が多い人でも犬を飼っている人はたくさんいます。

 

ただし、極端に暑い時期と寒い時期には注意が必要になります。

 

基本的にフレンチ・ブルドッグは室内で飼う犬です。

 

室内にいても、夏の暑い時期にはクーラーをつけ、室内の温度や犬が過ごす場所の温度が上昇しないように注意しなければいけません。

 

夏の間は1日中クーラーを付けぱなしになるので、相当電気代も増えるということを覚悟しておいて下さい。

 

クーラーを付けていれば大丈夫と油断してしまうこともありますよね。

 

試しに夏の暑い時期に、日当たりのいい窓際にいてみて下さい。

 

クーラーを付けていても、日が当たる場所にいれば暑いと感じますし、汗をかきますよね。

 

フレンチ・ブルドッグは元々呼吸がしづらく、体の温度調節がスムーズにできないので、暑さには極端に弱い犬です。

 

留守の間中、高温のところにいれば体温も上昇しますし、苦しい思いをします。

 

室内にいても熱中症になることが多いのも事実です。

 

留守にする時間が長いなら、留守中も犬が快適に過ごせる環境を整えることを考えてあげて下さい。

 

また、寒さにも注意が必要です。

 

ペット専用のヒーターをベッドに置いてあげるとか、洋服を着せたりして寒い思いをさせないようにしましょう。

 

留守にすることが多くても、こういう点に注意すればフレンチ・ブルドッグを飼うことはできます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!