フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

赤ちゃんや小さい子供がいる家庭でもフレンチ・ブルドッグを飼えますか?

 

家族構成にもよりますが、フレンチ・ブルドッグは大人しくてフレンドリーな性格をしているので、子供がいても飼えないことはないと思います。

 

ただし、赤ちゃんにかかりっきりで犬の世話ができないなら、犬を飼うのはもう少し後にしてほしいですね。

 

犬だって人間の赤ちゃんと同じくらい手間もかかりますし、世話が必要になります。

 

赤ちゃんの世話だけで手がいっぱいで、犬の世話がおろそかになるような状態はオススメできませんし、犬がかわいそうです。

 

フレンチ・ブルドッグはあまり散歩は必要ないと言われていますが、社会性を身につけるためにも、外に出かける必要があります。

 

フレンチ・ブルドッグは、とても穏やかな性格で人や他の犬が大好きです。

 

小さい子供や赤ちゃんにも優しく接することができるので、犬のために時間を作ることができるなら、赤ちゃんや小さい子供がいても飼えるでしょう。

 

子供だけでも散歩に連れて行けますが、暑さには極端に弱いので、夏の暑い時期に一緒に公園に出かけるなどは止めておきましょう。

 

室内にいても、暑い時期には日当たりや、犬が過ごす場所の温度なども常に注意しなければいけません。

 

もちろん、犬を飼ったらしつけもしなければいけません。

 

フレンチ・ブルドッグは無駄吠えが少ないと言われていますが、これはきちんとしつけをしているからこそです。

 

犬を飼ってもろくに面倒も見れず、しつけもできなければ犬だってストレスが溜まって、吠えることだってります。

 

人間の赤ちゃんと同じくらい手がかかるので、時間や気持ちに余裕がないなら無理に飼うのは止めた方が良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!