フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

一人暮らしでもフレンチ・ブルドッグを飼えますか?

 

答えから言えば、フレンチ・ブルドッグに限らず一人暮らしでも犬を飼えると思います。

 

実際に一人暮らしでも犬を飼っている人はたくさんいますし、その様子をブログやインスタグラムなどのSNSで紹介している人もいますね。

 

他の人たちは、一人暮らしでもどのようにして世話やしつけをしているのかなど参考になるので、ネットで検索して色々と探してみるといいでしょう。

 

フレンチ・ブルドッグは暑さ寒さに弱いので、仕事で家を留守にする間は、室内の温度を快適に保つことが何より大切です。

 

例えば、夏の暑い時期にクーラーを付けっぱなしで出かけても、日当たりのいい部屋の場合、日が差し込めばその分室内の温度も上昇します。

 

もしもお留守番しているサークルが置いてある場所に直射日光が当ったら大変です。

 

逃げ場かなければそこだけ高温になってしまい、熱中症にかかり留守中に死んでしまう事もあるかもしれません。

 

クーラーを付けていても、犬がいる場所の温度にも注意して下さい。

 

日当たりのいい部屋なら、他の部屋に移動させるとか、カーテンを閉めて日が差し込まないようにするなども工夫も必要です。

 

寒い時期には洋服を着せたりベッドに毛布を入れたり、ペット専用のヒーターを使うなどするといいですね。

 

仕事などで長時間留守にする場合は、自動給餌器などを使って餌を与えると良いでしょう。

 

一人暮らしの場合には、どうしても犬が一人で過ごし時間も多くなります。

 

お留守番させる間は、快適な環境を作ってあげましょう。

 

帰宅したら犬とのスキンシップをたくさん取って下さい。

 

休みの日には、できるだけ一緒に過ごす時間を作ってあげて下さいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!