フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの購入後に病気が判明した場合は?

 

犬を買う時は購入する前に病気の有無をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

一般的に仔犬を購入する方法としては、ペットショップかブリーダーからになります。

 

購入時には必ず契約書を確認し、その契約書に不備はないかなども確認しましょう。

 

契約書のその旨が記載されていたとしても、中には購入後は飼い主に責任があると言い逃れをする悪質な業者もいます。

 

契約書を確認することも大切ですが、購入後に病気が判明した場合はどうなるのか、その対応なども口頭で確認をしましょう。

 

アフターフォローや保証に関する内容や条件は、各ペットショップやブリーダーによっても違います。

 

「購入後、何日以内に病気が判明した場合に・・・」などと書いてあるので、細かい点も確認しておくといいですね。

 

病気にも色々あり、購入した時は元気でも、潜伏期間だった場合には発症するまでに時間がかかる場合もあります。

 

保証の期間が過ぎていたとしても、明らかに購入前に感染していたとわかった場合などのことも、はっきりさせておくといいでしょう。

 

ただし、犬を飼うにはそれなりにお金もかかります。

 

動物病院は保険制度がありませんので、病気や怪我をした時にかかる費用は全て自費扱いになります。

 

仔犬はとても弱くデリケートです。

 

ちょっとした環境の変化でもストレスを感じ、体調を崩すことがあります。

 

仔犬を迎え入れる前に、仔犬が安心して安らげるような飼育環境も整えておきましょう。

 

もちろん、様子がおかしい時には、すぐに病院に連れて行くことも大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!