フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチブル・ドッグとジャック・ラッセル・テリアのミックス

 

ジャック・ラッセル・テリアは、イギリスが原産国の小型のテリア犬種になります。

 

1800年代、イギリス・デボン州のジャック・ラッセル牧師がキツネ狩りのために作った犬種になります。

 

ジャック・ラッセル・テリアの体高は23cm〜30cm、体重は4kg〜6kgになります。

 

体型的にはやや胴長で短足です。

 

耳は垂れ耳と半直立耳があります。

 

ジャック・ラッセル・テリアはテリア系が入っているので、気質が強く頑固で負けず嫌いな性格をしています。

 

飼い主以外の人間に従うことは少ないと言われています。

 

猟犬なので好奇心が強く、活発で運動能力が高い犬です。

 

ジャック・ラッセル・テリアは、映画やCMなどにもよく出てくるので、人気の犬種と言ってもいいでしょう。

 

フレンチブル・ドッグとジャック・ラッセル・テリアは、とても珍しい組み合わせですね。

 

ネットで探してみたのですが、あまり見つかりませんでした。

 

フレンチ・ブルドッグのミックス犬の場合は、どちらかというとフレンチ・ブルドッグの方が強く出る気がします。

 

見た目は、ほとんどフレンチ・ブルドッグに見えることもあります。

 

ジャックラッセルテリアは耳の先がちょっと垂れていて、フレンチ・ブルドッグの場合は立ち耳ですね。

 

耳や被毛はどちらに似るかは、産まれてみないことにはわからないので、ある意味楽しみな部分でもあります。

 

ただし、被毛のタイプはまるで違うため、どちらに似るかによっては毛のお手入れも手間がかかる場合があります。

 

性格に関してもかなり違いがあります。

 

フレンチ・ブルドッグはとても人なつっこく、フレンドリーですが、ジャック・ラッセル・テリアは、警戒心がとても強いので、知らない人には吠えたりすることも多くなります。

 

しつけの仕方も性格を見極めて行う事が大切ですね。

 

散歩の量もお互いに正反対です。

 

フレンチ・ブルドッグは、激しい運動には向いていませんが、ジャック・ラッセル・テリアは思いきり走り回れる環境が必要です。

 

ジャック・ラッセル・テリアは小型犬でありながら、運動量は大型犬と同じくらい必要な犬種です。

 

1日に1時間以上の散歩が必要になります。

 

散歩や遊びを通して飼い主に対する服従心をしっかりと身に付けさせることで、扱いやすい性格になります。

 

どちらに似るかによっても、運動管理も変わってくるかもしれません。

 

どんな犬種も甘やかして育てると、成犬になって手の付けらない面が出てくることがあります。

 

子犬の頃からしつけをしっかりと行い、体に触られることに慣らすことで、耳掃除や歯磨きなどのケアもできます。

 

ジャック・ラッセル・テリアはテリア気質があるので、小さな子供との相性は良くありません。

 

ミックス犬の場合は、容姿や性格は産まれてくるまでわかりませんので、注意しましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!