フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの遺伝性疾患

 

JKC(ジャパンケンネルクラブ)に登録されている犬種はたくさんありますが、犬種ごとにかかりやすい病気があるので、注意しておきたいですね。

 

フレンチ・ブルドッグにも、かかりやすい病気があるので、これからフレンチ・ブルドッグを飼う人も、今飼っている人も念のために覚えておいてください。

 

基本的にフレンチ・ブルドッグのような短頭犬の場合は、呼吸がしづらい構造になっているため、鼻腔狭窄症という病気にかかりやすい傾向にあります。

 

鼻腔狭窄症の犬が交配をして仔犬が産まれた場合には、仔犬にも遺伝するのでよく覚えておきましょう。

 

鼻腔狭窄症などの遺伝性疾患を持つ犬は繁殖には向いていません。

 

症状が酷くなれば、呼吸困難を起こしたり、チアノーゼになって苦しい思いをさせてしまうことになります。

 

股関節疾患や椎間板ヘルニア、肥満細胞腫、軟口蓋過長症なども、フレンチ・ブルドッグがかかりやすく遺伝する病気です。

 

チェリーアイと呼ばれる目の病気や、皮膚病なども遺伝する病気です。

 

これは遺伝性の病気とは直接関係ありませんが、フレンチ・ブルドッグは、皮膚がデリケートであることと、顔にシワがあるので、顔のシワを清潔にしていないと、そこに細菌が繁殖して皮膚のトラブルにつながります。

 

常に顔のシワの中も、清潔にしておくことが大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!