フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチブル・ドッグとボストンテリアのミックス

 

ボストンテリアはアメリカが原産国の小型犬です。

 

1800年頃にアメリカのマサチューセッツ州ボストン周辺でブルドッグとブルテリア、白いイングリッシュテリアなどを掛け合わせて作られました。

 

アメリカを代表する犬種の一つであり、ボストン大学のマスコットでもあります。

 

ボストンテリアの体高は28cm〜38cm、体重は7kg〜9kgになります。

 

フレンチブル・ドッグもボストンテリアも、両方とも元はブルドッグを改良して作られた犬種です。

 

そのため、見た目はどことなくブルドッグを思わせる風貌ですよね。

 

両方とも尻尾は短く、立ち耳が特徴です。

 

両方を見比べてみると、フレンチ・ブルドッグの方がよりブルドッグに近い気がします。

 

ミックス犬の場合は、産まれて来ないことには、どちらの特徴が強く出るか分かりません。

 

ですが、フレンチブル・ドッグとボストンテリアはもともとよく似ているので、ミックス犬でも見た目にあまり違和感がないかも知れませんね。

 

 

 

言わなければミックス犬だとわからない人がいるかも知れませんね。

 

性格は個体差もありますが、正反対といっていい部分もあります。

 

フレンチ・ブルドッグはとてもフレンドリーなのに対し、ボストンテリアはどちらかというと警戒心が強く、あまり人なつっこくない面もあります。

 

フレンチブル・ドッグとボストンテリアのミックス犬の場合には、どちらの性格に似るかによっても、飼いやすさなども変わってくるかもしれませんね。

 

吠えることに対してもそうかもしれません。

 

もちろん、無駄吠えに対するしつけをしっかりと行う事が大切ですが、フレンチ・ブルドッグはあまり吠えない犬種としても知られていますが、ボストンテリアは吠えることも多いので、性格を見極めながらしつけをしていくことも大切です。

 

運動に関しては、呼吸が苦しくなってしまうので、どちらもあまり長時間の散歩は必要ありませんが、社会性を身につけるためにも、軽いお散歩は必要です。

 

両方とも暑さには極端に弱いので、夏の間は室温管理も十分にしなければいけません。

 

また、両方とも室内で飼育する犬なので、外飼いはできません。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!