フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと口腔内腫瘍

 

口腔内腫瘍とは、口腔内、つまり口の中に腫瘍ができる病気です。

 

歯茎、舌、ほっぺの内側、唇、上あごなど、腫瘍ができる場所も色々です。

 

口腔内腫瘍はフレンチ・ブルドッグを含む全ての犬種になる可能性がある病気です。

 

口腔内腫瘍の原因は、はっきりと解明されていません。

 

口腔内が不衛生だと細胞がガン化する可能性があるとも言われています。

 

口腔内の腫瘍は見つけるのがとても難しいですが、歯磨きがきちんとできるワンちゃんなら、毎日の歯磨きの時に口の中もチェックしてみるといいですね。

 

もしも異常があった場合、すぐに気付くことができます。

 

歯磨きの習慣がない場合には、犬の様子をよく観察してみましょう。

 

<口腔内腫瘍の主な症状>

 

・口臭がキツイ
・口から出血している
・よだれの量が多い
・食べる時に痛がる
・食事をしたがらない

 

病院で口の中を見せてくれない場合には、レントゲン撮影をしたり血液検査をすることもあります。

 

腫瘍には良性と悪性があります。

 

<口腔内腫瘍の主な良性腫瘍>

 

・線維腫性エプリス
・骨形成性エプリス

 

<口腔内腫瘍の主な悪性腫瘍>

 

・悪性黒色腫
・扁平上皮癌
・線維肉腫
・骨肉腫
・棘細胞性エナメル上皮腫

 

これらは見た目や腫瘍の大きさだけでは判断できません。

 

腫瘍の一部を切除し、顕微鏡で観察して診断する病理検査を行います。

 

組織の一部を取って検査に出す場合には、麻酔をします。

 

この検査の結果によって、治療方針を決定します。

 

口腔内腫瘍と診断されたら、まず腫瘍の切除が可能なら、腫瘍を切除する手術をします。

 

同時に転移や再発予防のために、抗がん剤、化学療法、放射線療法などを行う事もあります。

 

口腔内腫瘍は予防が難しい病気なので、定期的に口腔内観察や血液検査などをしておくと良いでしょう。

 

口腔内腫瘍以外にも病気があればそれだけ発見も早くなり、早期治療が可能になります。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!