フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと脳腫瘍

 

脳腫瘍は言うまでもなく、脳にできる腫瘍のことです。

 

脳が指令を出し、体を動かしているので、腫瘍ができる場所によっては、てんかんや斜頸、同じ場所をぐるぐると回るなどの行動を取ることもあります。

 

歩き方がおかしかったり、痙攣を起こすのも脳腫瘍の症状である場合があります。

 

脳というデリケートな部分に腫瘍ができるわけですから、その影響も色々です。

 

性格が変わってしまったり、顔面麻痺になってたり、1日中寝てばかりいるなどの症状もあります。

 

ただし、脳腫瘍の初期には症状が全くないこともあり、症状が出た頃には末期の状態だったということも少なくありません。

 

犬の脳腫瘍は進行が比較的遅いので、飼い主さんも病気のサインを見逃すことがあります。

 

そのため、少しでも異常を感じた時には、すぐに病院で検査、診察を受けることが大切です。

 

脳腫瘍の原因は、原発性脳腫瘍と続発性脳腫瘍によって違います。

 

原発性脳腫瘍は、脳と脊髄を囲む髄膜と呼ばれる部分に腫瘍ができます。

 

続発性脳腫瘍は、血管肉腫やリンパ腫などが原因になります。

 

原発性脳腫瘍の約95%は7歳以上のシニア犬に発症すると言われています。

 

また、発症率が高い犬種がいて、ゴールデン・レトリーバーやフレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリアなどの短頭種も脳腫瘍にかかりやすいと言われています。

 

脳以外の他の部分にできた腫瘍が転移して、脳腫瘍になることもあります。

 

脳腫瘍の治療は、腫瘍ができる場所によって違います。

 

ただし、基本的に外科手術で腫瘍を切除します。

 

その後、再発予防のために化学療法や放射線療法を選択する場合もあります。

 

手術は全身麻酔になるので、高齢犬や短頭種にとってリスクがあります。

 

てんかんなど他の病気がある場合には、その病気の治療も行います。

 

治療方法などは、獣医師さんと相談して決めていきましょう。

 

治療方針に納得がいかない場合には、脳腫瘍などの分野を得意としている獣医さんを探すか、何軒かの動物病院を探して、飼い主さんが納得でき、信頼出来る獣医さんを探すことも考えてみるといいかもしれませんね。

 

どんな病気も早期発見できれば早い段階で治療を始めることができます。

 

愛犬のためにも、定期的な健康診断を考えてみましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!