フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと乳腺腫瘍

 

乳腺腫瘍はその名の通り、乳腺にできるしこりです。

 

乳腺腫瘍はメス犬の高齢犬(10歳以上)、小型犬に発症しやすいと言われています。

 

ただし、フレンチ・ブルドッグを含む全てのメス犬にかかるリスクがあります。

 

乳腺腫瘍は、乳腺に沿ってしこりができます。

 

飼い主さんが左右の乳首の周りを手で触り、しこりができていないかをチェックするといいですね。

 

しこりは数ミリ程度の極小さいものから、数センチにも及ぶ物まで色々です。

 

しこりの周囲が赤く腫れあがったり、炎症を起こしていることもあります。

 

妊娠していないのにお乳が出ることもありますし、血が混じっている分泌物や膿が出ることもあるので、無理に刺激したりせず、すぐに病院に行きましょう。

 

左右どちらかに、一つでもしこりが確認できたら、しこりがある方の他の乳腺の周りにもしこりがあることが多いと言われています。

 

腫瘍には良性と悪性があり、悪性の乳腺腫瘍を「乳がん」と言います。

 

犬の場合、良性か悪性かは半々の確率のようです。

 

良性の乳腺腫瘍には「乳腺腫」、「繊維腺腫(良性混合腫瘍)」があり、悪性の乳腺腫瘍には「乳腺願」、「願肉腫(悪性混合種)」、「炎症性乳癌」があります。

 

これらの中でも炎症性乳癌は非常に悪性度が高く、皮膚炎や乳腺炎と見分けがつきにくいと言われています。

 

乳腺腫瘍が良性か悪性かは、細胞診をすればある程度判断できます。

 

乳腺腫瘍の一部の細胞を注射用の針で採取して顕微鏡で観察します。

 

手術で切除した乳腺腫瘍を病理組織検査することで最終的な判断がされます。

 

乳腺腫瘍の治療法は外科治療になります。

 

基本的に乳腺腫瘍が確認された場合には、手術で腫瘍を切除します。

 

乳腺に沿って出来る腫瘍なので、左右どちらかに出来た場合、部分的に切除しても再発する可能性も高いため、右側にあった場合には、右側すべての乳腺を切除することもあります。

 

悪性腫瘍の場合は転移している可能性があるため術後に放射線療法を行う場合もあるようです。

 

手術方法などは獣医さんとよく相談して決めてください。

 

もし治療方針に納得がいかなかったり、不安に思うならセカンドオピニオンも考えた方が良いでしょう。

 

乳腺腫瘍の原因はホルモンであることから、早い時期に避妊手術をすることで、乳腺腫瘍にかかるリスクを低くすることができます。

 

一般的には最初の発情前に避妊手術をすると発生率が0.05%になります。

 

初回の発情後にした場合は8%、2回目以降は26%となります。

 

ですが、それ以降に手術を行っても乳腺腫瘍の発生率は75%以上になるという統計があります。

 

つまり、乳腺腫瘍の予防するには早めの避妊手術が必要になります。

 

腫瘍を除去する手術の際、避妊手術も同時に行われるのが一般的です。

 

メス犬の場合は、10歳を超えた頃から健康診断に加えて、ガン診断を受診することをお勧めします。

 

ガン診断を受診することで乳腺腫瘍以外のガンの早期発見にもつながります。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!