フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと糖尿病

 

犬の糖尿病は、人間の糖尿病と全く同じで、インスリンの不足が原因になっています。

 

通常は膵臓で分泌されるインスリンが、血液中の糖分を吸収しバランスを保っています。

 

ところが、膵臓が正常にインスリンの分泌ができなくなり、インスリンが減ってしまうと、血液中の糖分が吸収されなくなり、糖尿病になってしまいます。

 

犬の糖尿病の症状も、人間の糖尿病の症状とよく似ています。

 

喉が渇くので、水をたくさん飲みたがります。

 

まさにがぶ飲みといった感じです。

 

お水をたくさん飲むので、おしっこもたくさん出ます。

 

食欲が増加するのに、体重は減っていきます。

 

独特の口臭がするのも人間と一緒です。

 

症状が悪化すれば、昏睡状態になることもあるので、人間同様に注意が必要な病気です。

 

体質が似るので、糖尿病の病気を持っている犬は、交配、繁殖とも不向気だという事を理解しましょう。

 

また、肥満も糖尿病の原因の一つです。

 

フレンチ・ブルドッグは肥満になりやすい傾向にあるので、食事管理、体重管理などもしっかりと行いましょう。

 

いったん糖尿病になってしまうと、一生涯に渡りインスリン注射を続けなければいけません。

 

インスリン注射を続けながら、運動や食事管理なども行います。

 

糖尿病の予防も人間と同じで生活習慣の見直しです。

 

少しでも異常を感じたら、すぐに動物病院で診察をしてもらいましょう。

 

定期的な健康診断で糖尿病になる前に気づくことや病気を発見することもできます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!