フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと短頭種気道症候群

 

短頭種気道症候群とは、一つの病気を指すのではなく、いくつかの呼吸器系の病気の総称になります。

 

鼻の長さが短い短頭種に多い病気になります。

 

フレンチ・ブルドッグは、短頭種と言われる種類になります。

 

鼻が短くペチャっとしているのが特徴ですね。

 

短頭種の仲間には、パグやシーズーもいます。

 

チャームポイントであるその姿も、呼吸器系の病気になりやすいといったデメリットになっているのです。

 

短頭種は元々鼻の穴が小さいため、鼻だけで呼吸をするには限界があり、口をあけて息をします。

 

鼻の穴が小さい場合、「鼻腔狭窄」と呼ばれ、呼吸困難になる場合には、鼻の穴を広げる手術をすることもあります。

 

口の奥にある軟口蓋というヒダが荒い呼吸を続けるなどで刺激となり、軟口蓋が伸びてきて空気の通り道をふさいでしまう病気を「軟口蓋伸長症」と言います。

 

短頭種特有の「気管虚脱」は、気管が扁平に変形してしまい、呼吸がしづらくなります。

 

気管虚脱の場合には、極力首にかかる負担を減らしてあげることが大切ですね。

 

お散歩の時には、ファッション性重視の首輪はやめて、胴に装着するハーネスを使うといいでしょう。

 

独特な頭の形が原因で気道が圧迫され「咽頭の反転」になると、変形した咽頭が邪魔をして呼吸困難になり、手術が必要になることもあります。

 

これらの病気を短頭種気道症候群と呼んでいます。

 

短頭種気道症候群の原因は品種改良になります。

 

短頭種は、マズルが短く、頭蓋骨は丸く、両目が離れています。

 

これらの結果、品種に短頭種気道症候群などの特異的な疾患が発生しやすくなります。

 

短頭種気道症候群の根本的な治療は外科手術しかありません。

 

ですが、短頭種では麻酔による呼吸不全のリスクが他の犬種よりも高いため、手術の方法、麻酔のリスクなどについては獣医師さんと十分に相談することが重要です。

 

短頭種で肥満になると気道が狭くなるので、呼吸不全になるリスクが高くなります。

 

食事管理をして肥満にならないように気をつけましょう。

 

また、高い気温にも注意が必要です。

 

夏の暑い気候の時は室温や車の中などの温度にも気をつけましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!